MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SHIMA

2014.02.04UPDATE

2014年02月号掲載

SHIMA

メンバー:EGACCHO (Vo) YUSUKE (Gt) SHINYA (Ba) 明生 (Dr)

インタビュアー:小林 詩央里

-激ロック初登場ということで、バンドのご紹介も兼ね簡単にプロフィールを教えてください。

初めまして!Vo.EGACCHO、Gt.YUSUKE、Ba.SHINYA、Dr.明生で構成されています、4人組! SHIMAと申します!現在、福岡県北九州市在住で活動しております。我が街のことを手榴弾やロケットランチャー、成人式の写真等でご存知の方も多いかと思います(笑)!そんな刺激のある街からクソハッピーなバンドが生まれました♪それがSHIMAです!ちなみにそんなに恐い街じゃないので是非遊びに来て下さい♪ここだけの話メンバー全員血液型バラバラです!(だから何!激ロックが全国版の時点でここだけの話じゃない!)

-2009年2月に福岡県北九州市にて結成したということですが、それ以前も各々でバンド活動はされていたのでしょうか? またSHIMAの結成の経緯を教えてください。

EGACCHO(以下E):はい!SHIMA結成前はそれぞれバンドをしておりました!EGACCHOとSHINYAとYUSUKEは嶋美人というバンドをしておりまして、明生はPEACE MAKERというバンドで、お互いに北九州を中心に全国で活動しておりました。元、嶋美人の3人の出会いは大学の軽音楽部の先輩、後輩ですね。明生とは対バンやライヴハウスで出会いました。結成の経緯に関しては......タイミングが合ったから!でしょうか?それぞれのバンドが解散なり活休して、フラフラしてた知り合いを集めた感じです(笑)。ドラムの明生は最初ヘルプでしたしね。"俺の考えたドラム・フレーズを他の人が叩くなんて嫌だ!"ってことで、SHIMA初ライヴ後の打ち上げで正式メンバーとなりました(笑)。

-2012年にはメンバー・チェンジなどバンド編成含め変化しているとのことですが、結成時から今に至るまで音楽性も変化してきているのでしょうか?

E:基本的には変わっておりません!自分らのやりたいように、をモットーに、ライヴを見に来てくれる皆の期待には応え、予想は裏切りたいと日々考えてます(笑)。昔からシンガロング出来て、踊れて、拳あげられて、色々なことをやってこうというスタンスはメンバー脱退後も変えていません。ひとつ言うならば4人になってからのサウンドの方が男らしくなったね、とは言われます(笑)。

-地元・福岡を中心に西日本で広くご活動されていますね。皆さんから見て地元の音楽シーンは活気づいていますか?

E:正直10年前とかと比べると、バンド数は減ったのかもしれません。ただ、バンド数が減った=活気付いてない、とも言えないと思うので、そう意味では今でも地元を中心にやってるバンド達は1本芯の通ったカッコいいバンドがたくさんいる印象はあります。去年の話にはなりますが、僕らも福岡県のバンドとして、地元に根付かせたい!福岡を盛り上げたい!ということで、S.M.N.、KARIBUxNOxKAIZOKU、HOTDOG 、SHIMAという福岡の4バンドでFROM WEST TOWNというイベントを始めました!間違いないイベントです。マジで1回皆見に来た方がいいと思います(笑)!そういう意味では、勝手に活気付いて来たんじゃないかと個人的には感じております。福岡サイコー!九州サイコー!って感じです(笑)。

-今作『SHAKE YOUR LIVES』が初の全国流通作品ですね。おめでとうございます。アルバムが完成したときの気持ちを教えてください。

E:有難うございます!アルバムが完成した時、Recが終わった時点での話ならば、ゾクゾクしましたね。これが遂に全国へ......って感じでした。僕はCD屋さんで初めてパッケージングされた状態を見たので、それはそれは興奮しました!なんていうか......ザイマス!って感じでした。いや、ザイマスの極み!って感じでした。チャイコフスキー!モンテスキュー!