MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HEY-SMITH

2013.05.11UPDATE

2013年05月号掲載

HEY-SMITH

メンバー:猪狩 (Gt/Vo) Task-n (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-ははははは。

猪狩:そこが大変でした。

Task-n:ヘタでも熱いものはいっぱい残してますからね。だから、それはヘタじゃないんです。

猪狩:今、いいわけしてるよな?

Task-n:いやいやいや(笑)。

-たくさん話を聞きながら思ったんですが、もうHEY-SMITHは腹を括った感じがありますね。

猪狩:腹は括りましたね。やってやるぞ、コノヤロー!みたいなテンションですね。いままでは何でもやれると思ってたんですよ。

-俺たちにやれないことはないと。

猪狩:やったら結果は付いてくるし、目標を掲げたら絶対そこに辿り着ける。今でもそう思ってるんですけど、それプラス、いつでもやめたんぞって。それはほんとにやめたいわけじゃなくて、いつでも100でやったんぞ!って。僕、こういうインタビューを読んでくれてる人に言いたいことって、このアルバムのこともそうやけど、バンド楽しいでってことを伝えたいんですよね。最後の「Journey」もバンドに恋しちゃってるみたいな曲ですからね。世の中でいちばん楽しいのはバンドなんですよ。世の中でいちばんモテるのはバンドマンなんですよ。それを信じてますし、それを証明したくて。

-なぜそう思うの?

猪狩:僕がワクワクしたのがすべてバンドやったんで。小学校のときにX JAPANをテレビで観て、何これと思って、いきなり気持ちを持っていかれて。GLAYやL’Arc~en~Cielを聴いたときも、胸騒ぎがハンパじゃなくて、まさに“千ノナイフガ胸ヲ刺ス(※GLAYの曲名)”の心境やったんですよ。自分で曲を書いて、自分で歌って、自分で演奏する人……なんてかっこいいんだ!と思って。そのかっこ良さを伝えたいし、実際すっごく楽しいですしね。レゲエ、ヒップホップの方にかわいいお姉ちゃんがいるけど、やっぱりそこにも負けなくないです。ロックが負けるわけがないと思ってます。バンドマンも増えて欲しいですからね。ただ、最近の若いバンドマンは酒飲まない、タバコ吸わないとか、ビックリしてしまって……だから、ロックという解釈もどんどん変わっていくんかなって。

-だからこそ、自分たちの中にあるロック観をどんどん研ぎ澄ましていきたい?

猪狩:出していきたいですね。NGワードもどんどん言っていこうって、ちょっと思ってます。ロックやパンクが平和でどうするねんって。悪い部分、汚い部分、出していこ!って。アメリカのアーティストも昔はドラッグまみれだったけど、今はクリーンで、バンドはいい状態なんだとかよく言うじゃないですか。日本はそんなこと言っちゃダメみたいな空気があるじゃないですか。それもおかしいと思うんですよ。俺この前ね、サラリーマンを……(以下自粛)。

-じゃあ、ありがとうございました!

猪狩:あかんあかんあかんっ!

Task-n:いちばんヒドイ終わり方ですね(笑)。