MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2013.04.16UPDATE

2013年04月号掲載

coldrain

メンバー:Y.K.C (Gt) Sugi (Gt) Masato (Vo) katsuma (Dr) RxYxO (Ba)

インタビュアー:ムラオカ

-前作はオリコン・デイリー8位と素晴らしい成績でしたね。売れるために音楽性を変えるという安易な妥協なくこの成績を残せたというのは素晴らしいことだと思います。自分たち自身でも満足の行く結果になったでしょうか。

Y.K.C(以下Y):いや、満足はしてないですね(笑)。満足する時はきっと……世界でナンバー・ワンでも取らない限りはないでしょうね(笑)。自分たちが積み上げてきたものが結果として1つの通過点であるここに辿りついたという意味においては嬉しいですね。

Masato(以下M):自分たちのスタイルを変えなくても、徐々に結果が出てきたとは思います。それは僕らの音楽性ややってきたことが、マイナーではなくなってきたんだなとは思いましたね。こういったシーンがあるということは世界的に見たら普通のことなんだけど、アマチュアの時からラウドロックをやり続けてきたことによって聴く人が増えていったというだけで。内容云々というより、こういう音楽が盛り上がりを見せてるっていうのが1番嬉しいし、自分たちがどこまで行けるかというのは、日本でオリコン1位取ったらスゲーなとは思うんですけど、順位は自分たちの目標に直接関わるものではないかなと思います。

-好調な前作のリリース後に、まもなくしてKatsuma氏が病気の療養で一時離脱しました。その際、バンド内は実際どういった状況だったのでしょうか?

Y:どっちにしても止まれない状況でしたね。Katsumaも止まって欲しくないって言ってましたし、メンバー誰も止まるなんて思ってませんでした。Katsumaが戻って来る時に、今までと同じような感じでいてもダメだなって。幸い最高のドラマー3人にサポートしてもらうことができたので、この状況をバンドにとってプラスにしていこうと思いましたね。ライヴの本数には多少影響してしまいましたけど、結果としては、全てがいい方向にいって、Katsumaも体調が良くなって戻って来ることができたし。Katsumaもうちらのライヴを外側から見ることができたっていう面など、良かった面もあるって言っていいんじゃないかなと思います。

-メイキング・ビデオでRxYxO君が、“Katsumaがレコーディングに参加できる可能性は五分五分だった”と言っていましたがまさに予断を許さない状態だったんですね。

RxYxO(以下R):不安でしたね。止まれないというか、やらなきゃいけないことは変わらないし。休養が決まってから2週間後にフェスがあったし、結構焦った部分もあったんですけどPTPのZAX君くんやCrossfaithのTATSU、YOUTH-K君(BPM13GROOVE)に助けてもらいましたね。ベースをちゃんと始めてから、Katsumaとしか合わせたことがなかったので、それでいざ離れてみると、ドラムとの駆け引きっていうのが“あ、もっとこういう感じもあるんだ”“こう来るからこうのってみよう”とか、ピンチな時期だからこそいろいろ経験できましたね。僕個人にしてもバンドとしてもピンチをチャンスに変えられたというか。こういうことがあって、coldrainの見え方もお客さんにとって少なからず変わったと思います。戻ってきたKatsumaをもっと見たいって思っただろうし。それで得たフィーリングっていうのがレコーディングでも活かせたと思います。Katsumaの離脱が良かったという訳ではないですが、凄くいい経験になりましたね。

-マイナスをプラスに転じて、という考え方ですね。バンドを外側から見られるっていうのは脱退でもしない限り滅多にない経験ですからね。本人も“必ず戻ってきます、僕は絶対に負けません”っていう直球コメントが印象的でしたね。

Katsuma(以下K):手術をすることで、実際何が起こるか自分でも分からなくて、手術後にドラムを叩くってことがどういうことになるのかあまりにも分からなすぎて、だからこういうコメントを書くことで、気持ちを強く持っておかないとまず無理だろうなと思っていたんです。実際手術が終わった時くらいにちょうどサポートしてくれてるドラマーとのツアーやフェスが始まって、ライヴに対してのいい反響や評判を外から聞いたりして。そういう時に限って自分は何もできない、頭で考えることしかできない時期が長くて、そんな時にすっごく頭の中で考えて、やっぱりやりたいって思いましたね。動けない状況ながらも徐々に徐々に動かせるところは動かして、レコーディングまでには絶対間に合わせたかったんで、ドラム叩いても大丈夫ってなってからは毎日毎日叩いてましたね。レコーディングとかも考えずに、時間を掛けてよりいい状況で戻ってきて”とメンバーは言ってくれたんですけど、俺はレコーディングの後に戻って来れる状況になったとしても、俺の知らないところでcoldrainの作品が作られて、戻って来てからその作品を俺がコピーするという状況になることに対して、絶対モチベーションが維持できないなって思ったんですよね。そこは意地でもレコーディング前にメンバーに見て欲しかったんです。結果、戻って来ることができて、かといってそこで満足ではないですけど。メンバーもメンバーで他のドラマーとやったからこそ俺の見えた部分っていうのもあると思います。だから、結果戻って来れたからこそ言えることですが、あれがあって良かったなって思う部分もありますね。