MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

KNOCK OUT MONKEY

2013.02.18UPDATE

2013年02月号掲載

KNOCK OUT MONKEY

メンバー:dEnkA (Gt) ナオミチ (Dr) w-shun (Vo/Gt) 亜太 (Ba) 

インタビュアー:荒金 良介

-KNOCK OUT MONKEY(以下KOM)は音も熱いですけど、それに負けないぐらい歌詞も熱いというか、泥臭いですね。

w-shun:ありがとうございます!どちらかと言えば、文系ではない感じで……。

-そうですね、確かに(笑)。

w-shun:超体育会系ですね。やってる音楽もウソつけないというか、ウソ書けないんですよ。バカ正直なところはありますね。自分はどんな音楽で育ってきたかと言うと、そういう音楽を好きで聴いてたんですよ。“あっ、本音を出していいんやな!”って。ロックの作られたところじゃない部分にかっこ良さや衝撃を受けたから。

-例えばどの辺のアーティストですか?

w-shun:高校の頃にDragon Ash、RIZE、海外で言うと、LIMP BIZKIT、ZEBRAHEAD、LINKIN PARKとか、ラウド、ミクスチャー系の音楽ばかり聴いてたんですよ。もっと遡るとhideが好きでギターを始めたので。その辺の人たちは、これは見た目だけの印象ですけど、めちゃくちゃやってる感じがして。ロックって凄いなあ、楽しいなあ、という憧れから入ったところはありますね。責任は伴うと思うけど、自由にやってるなあと思って。その感覚は今バンドをやってても、ありますね。

-他のメンバーから見ても、w-shunさんはバカ正直なキャラなんですか?

ナオミチ:そうですね。バンドでいろんなジャンルを表現しているけど、w-shunが歌えばKOMになるぐらい個性が強いから。

亜太:バカ正直というか、バカわがまま? 

w-shun:ははははは、言われた。

亜太:いや、悪い意味じゃなくて。単純にやりたいことをやる。言いたいことに対しても、すごく熱がこもるんですよ。相手がどう受け止めるかを考えてるかもしれないけど、自分の言いたいことが固まると、それが端的な言葉でまとまらなくなってくる(笑)。全部、バーッと吐き出さないと気が済まないんですよ。

w-shun:だから、ライヴのMCが長くなっちゃって、メンバーにもよく怒られるんですよ。

-ここで反省しないでください(笑)。

一同:はははははは。

亜太:そういう意味で素直というか、ナチュラリストです(笑)。

-昨年出たシングル「HOPE」の中に“そっぽ向きたくなるヒストリー”という歌詞があるじゃないですか。バンド・キャリアもそこそこ長いと思うんですが、そんなに大変なヒストリーだったんですか?

w-shun:う~ん。

-そこは聞いても大丈夫ですか?

w-shun:全然大丈夫ですよ。多分、自分がこうありたいという姿に無理に行こうとしていた時期があったんですよ。本来の自分を見直すと、そこにいけるはずがないし、そもそも違うやろうと思ってて……そのギャップに苦しんでました。それでも取り繕うとした時期があって。今考えると、こっぱずかしいことをしていたなと。何にでも興味を惹かれやすい人間なので、自分を見失って挫折して、浮き沈みは激しかったですね。

-それはバンドの最初の頃ですか?

w-shun:いや、今でもありますよ。ずっとそうなのかなって。常に前に進むために、一度過去を見つめてみたり……そういうタイプですね。

-2001年結成から初の音源を出すまで7年経ってますけど、この期間はどうでした?

w-shun:ひたすらライヴをやってましたね。むちゃくちゃなスケジュールでライヴをやったり、ちょっと違うことをやろうと思って、ガールズ・バンドのイベントの中に野郎4人で乗り込んでみたりとか。

-ははははは。

w-shun:当時は無茶と思ってなくて、誰もやってないことをやりたかった。今思えば、それも経験値になってるのかなと。

-バンドの音が固まり始めたのは?

w-shun:ここ1、2年ぐらいですかねえ。

-えっ、そうなんですか?

w-shun:いや、ほんとそうなんですよ。やりたいことが多すぎて、全然まとまらなかった。その中でここは絶対に残したい、という部分が徐々に見えてきたんですよ。例えばレゲエのこの要素は活かしたい、ラウドなこの部分は芯として置いておきたい、まだ吸収している最中ですけど、今はどんどん削ぎ落とす作業をしてますね。感覚的にこれがKOMだな、というのがやっとわかり始めました。