MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2013.01.18UPDATE

2013年01月号掲載

coldrain

メンバー:Masato (Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-今現在春にリリースされるアルバムに向けて海外レコーディングの真っ最中だと思いますが、2度目の海外レコーディングということで勝手が分かってスムーズに進んでいると想像しますが実際いかがでしょうか?

録ることに関してはもう分かっていることなのでいかに曲をもうひとつ上の次元までもっていけるかっていう状況です。

-どのような作品になりそうですか?ぜひ触りだけでも教えてください。

今までより深く、へヴィだと思います。

-あなたがたは以前よりビジュアル系のバンドと良く対バンしていましたが、最近そういう流れが他のラウドロック・バンドでも少しずつではありますができつつあると感じています。他のジャンルのバンドと対バンすることで刺激となることはありますか?

どんなジャンルだろうと刺激になります。フェスやイベントはそれがなくなったらやる意味が半減すると思います。

-またそういった異ジャンルとも交流しながらもラウドロック・バンドであるという軸はぶれることがないですね。あくまでも対バンし影響を受けることもありますが、自分たちのアイデンティティは失わないといったところでしょうか?

もちろん。結局バンドはそれぞれだし人の意見がそれぞれなのといっしょで自分たちの道を行くことに関してはどんな刺激、影響を受けようとやることは変わりません。

-そういう点が今回の"MONSTER ENERGY ROCK TOUR"で共演するSiMとも通じる部分であると思うのですがその点いかがですか?

SiMとは共通する考えとそうじゃない考えがもちろんあります。その考えの間にあるのが"TRIPLE AXE TOUR"だったり今回のツアーだったり。刺激し合いたい、楽しみたいっていうタイミングでツアーを組むだけです。

-その"MONSTER ENERGY ROCK TOUR"ですが、北は北海道、南は九州と全国9箇所を回る大きなツアーですね。レコ発ではなくイベント形式のツアーで9箇所も回るというのは今までもあまり経験がないのではないでしょうか?今回のツアーに期待することを教えてください。

あんまりライヴハウスに来たことないって言う人にも来て欲しい。

-このツアーはあなたがたとSiMともう1つヘヴィなバンドを加えてのラウドロック・バンド同士のガチンコ対決となるとのことですが、このツアーで楽しみにしていることがありましたら教えてください。

ああいうツアーをやりたいっていうバンドマンが現れるツアーにしたいです。

-このツアーならではのスペシャルなサプライズなどは考えていますか?

そういうのはその場で考えるのが面白いので。

-またあなたがたは今年も"MONSTER ENERGY ROCK TOUR"の翌月の4月に地元名古屋で"BLARE DOWN BARRIERS"を開催しますね。会場も去年のBOTTOMLINEからZEPP NAGOYAと一気に大きくなりましたね。毎年地元名古屋でこうやってイベントをきっちり開催し続けるのは地元シーンへの還元といった意味もあるのでしょうか?

地元で何かを続けることによっていろんな人の刺激になったらいいなって思います。

-あなたが考える自分たちのレコ発と"MONSTER ENERGY ROCK TOUR"との違いとは何でしょうか?

打ち上げがやばいw ライヴはいつも100%です。

-SiMとは同じマネジメントに所属していますが、お互いの存在が刺激になっている部分はありますか?

刺激と嫉妬w どっちにしろSiMは刺激になるバンドです。

-少し前まではあなた方は若手バンドとして食らいついていく立場でしたが、今や知名度や人気、ライヴでの集客などすべてにおいて大きく成長し、目標にされる立場になってきています。そういう実感はありますか?

続けていく力は常に感じています。今の状況もすごく恵まれてると思います。でも何か大きなことを成し遂げたとはまだ思いません。世界に目をむけたらまだまだ行きたい場所や一緒にやりたいバンドがいっぱいいます。