MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

TRIPLE VISION

2012.12.26UPDATE

TRIPLE VISION

メンバー:吉川 彰一

インタビュアー:MAY-E

-TRIPLE VISION(以下TRVE)にとって怒涛の2012年だったようですが、まずは、今年1年を振り返ってみていかがですか?

ここ数年はSCREAM OUT FESTの準備で年を明け、SCREAM OUT FEST(以下SOF)の準備で1年を終えるという感じなんですけど、おかげさまで今年は過去最高の動員数がありました。現在も来年のSOF2013の準備を進めている真っ最中です。今年は何か因縁めいた話が多かったです。最近仲良くしているSUMERIAN RECORDSのレーベル・マネージャーが、実はTRVEとして最初にリリースしたCALICO SYSTEMのメンバーだったり、レーベルとして最初に来日させたCAGE9を5年前とまったく同じ日程で招聘する事になったり、レーベルをスタートした頃を思い出させる事がたくさんありました。

-そうですね。そして今年は、TRVEに新たな動きもありましたね。

昨年からキバオブアキバのマネージメントをスタートして、今年4月からHER NAME IN BLOODが加わったことで本格的にアーティスト・マネージメントを稼働させました。レーベル・ビジネスからは少し新しい方向にシフトしていった1年でしたね。他にも『BRAT PACK』という国内のアーティストだけを集めたコンピを出したり。今までやってきたこととは違うことが随分と増えてきたんで、スタンスが変わってきた感じですね。

-例年に比べ、今年は更に忙しい1年だったのでは?

スケジュール帳はそれなりに真っ黒ですね(笑)。

-ははは(笑)。その分、充実していたのではないですか?それとも、ストレスフルな1年でした?

両方ですね。SOFなどでイベント制作や海外組のツアーには慣れていますが、未知の領域もあったので、楽しかったですが、きつかったですね。心身共に(苦笑)。

-仕事量は増えたのに、スタッフはずっと変わらず2人だけですもんね。

そうですね、ディストリビューターの中で運営しているレーベルなので、営業や経理的な部分はサポートしてもらえるし、専門的なサポートをしてくれる外部スタッフ、現場スタッフもいますので完全に2人というわけではありませんが、全体の企画やリリースに関わる宣伝やイベント制作、マネージメントの根っこの部分は全部、僕と眞鍋の2人でやっていますね。

-毎日、どんなスケジュールで動いているんですか?

24時間、365日臨戦態勢ですよ(笑)。

-寝る時間がほとんど無いのでは(笑)? アーティストのマネージメントって、具体的にどんなことをするのですか?

寝てますよ、一応(笑)。レーベルとマネージメントの両方をやっているので内容的に被る部分もありますが、スケジュール管理、ブッキング、お金の管理、音源制作、物販の制作/管理とか、あとは色々と交渉事とかですかね。

-キバオブアキバとHER NAME IN BLOODのマネージメントをやろうと思ったきっかけを教えてください。彼らのどんなところに魅力を感じたのでしょうか?

HER NAME IN BLOODは元々大好きなバンドだったし、キバオブアキバは、彼等がBEFORE MYLIFE FAILSの企画で東京に遠征してきた時にライヴを見て見染めました(笑)。今、YOUTUBEとかで公開されている「Animation With You」のライヴ映像は、実はその時のライヴ映像です。たまたまMAXILLAが撮っていたワンカメの映像を編集してもらったという荒技。MAXILLAの編集の能力は恐るべしです。TRIPLE VISION=洋楽専門レーベルっていうイメージがあったと思うんですが、単純にリリースしたいと思う国内アーティストがタイミングよくいなかったってだけだったんですよね。キバオブアキバとHER NAME IN BLOODって両極端なイメージだと思うんですが、実際に個性はかなり違います。ですが、音楽に向かい合うスタンスは意外に共通している部分があるし思う。どちらも演奏が上手いし、圧倒的な個性を持ってるし、デカい可能性を感じたのでリリースだけでなくマネージメントとしてがっつり関わってサポートしていきたいと思える2組にタイミング良く巡り合えたという事です。お互いの良い部分とか、活動から得られるものを両方にフィードバック出来れば面白いんじゃないかなぁと思ってます。

-キバオブアキバとHER NAME IN BLOODは同じマネージメントに所属していることで、お互いに切磋琢磨し合っている感じでしょうか?

どうでしょう(笑)? HER NAME IN BLOODのライヴではキバオブアキバのアサイ君が普通にモッシュピットで切磋琢磨していますので、楽しんでくれてるとは思います。