MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MUCC

2012.11.30UPDATE

2012年12月号掲載

MUCC

メンバー:ミヤ (Gt/Vo)

インタビュアー:MAY-E

-今作『シャングリラ』ですが、これまで以上に振れ幅が広くて、ムックの懐の深さを改めて感じるアルバムに仕上がりましたね。

ツアーしながら1年かけて作っていたんで、俺の中では完全に旧譜なんですよ。ツアーしながらのアルバム制作は、10周年のときにも1回やっているんですけど、本当にきつくて。で、2度とやらないと思っていたんですけど、今年は15周年で幕張のライヴがあったり、リクエストのZEPPツアーもあったので。だから、アルバム制作が終わった直後のフレッシュな気持ちではないんですけど、試聴会をやったり、いろんな人に配って聴いてもらっていて、これまでのアルバムの中で1番フィードバックが大きいアルバムだと感じています。

-確かに、15周年ということで今年は精力的にライヴ活動をしていましたし、その中での制作は大変だったでしょうね。

そうですね。だけど、昔の楽曲をやりながら新曲を作らなきゃいけないっていう環境が、変に曲に入り込みすぎず、客観的に見ながら作ることが出来たんで、それは良かったかなと思います。入り込みすぎちゃうんですよ、自分の作品に。だけど今回は、良い意味で冷めてたっていうか。

-過密なスケジュールにストレスを感じることもなく、落ち着いて制作を進めることが出来たということでしょうか。

うん。あとは、ソニーに移籍してリリースする1作目のアルバムなんで、ムックを知らない人が聴いた時に、ムックがどんなバンドなのかを知ってもらえるようなアルバムにしようと思っていました。ムックっていろんな側面を持っているバンドなんで、この分かりずらい感じを分かりやすく説明するにはどうしたらいいかなって考えながら作っていましたね。ユニバーサルに所属していた時は野放し状態だったんで、勝手にやっていたんですよ。だけど今回は“もっとこうした方がいい”っていう意見をメーカー側が明確に出してくれて。ある意味、ぶつかれるっていうか。バンド側の意見とメーカー側の意見をぶつけて、いいところを見つけることができました。今までにないグルーヴがあったんで、すごく良かったです。

-へえ。制作はやりやすくなりましたか?

うん、やりやすいですよ。自分たちだけで完結していくと、どうしてもクセが出てしまうし。ソニーに所属してやっていくという意味を感じながらやっていくべきだと思いましたし。

-なるほど。今年15周年を迎え、ソニーへの移籍もあり、心機一転して制作にも望めたのでしょうね。

そうですね。外からのいろんな意見を取り入れて、俺たちもいろんなアイデアを出しながら進めることができました。そういう状況が今まであまりなかったので、すごく楽しいですね。

-具体的にどんな意見があったのですか?

“この曲はアルバムに絶対に入れて欲しい”とか“この曲はアルバムを解りやすくするためにはなくてもいいんじゃないか”とか。こういう意見って、バンド側とメーカー側で違っていたりもするし。逆に“これは入れましょう”って言ってくれた曲が、解りやすい曲じゃなかったりして。レーベルのロックな部分の意見を聞くことができたのは、良かったです。

-『カルマ』以降、ダンス・ミュージックの要素を取り入れるようになりましたけど、そういう方向性についての意見もあったのですか?

いや、そういうのはあんまりないです。ただ、“追及するのは全然ありだし、かっこいいことを常にやっているバンドだと思っているけど、解りやすい曲を作ってね”って言われました。かっこよくて、分かりやすい曲を。

-分かりやすい曲、というのは?

名前は皆知っているんですよ、ムックって。でも、それほど認知されていないんです。ムックを知っていても、どんな音楽をやっているのかまで行きつく人はほとんどいなくて。そういう人たちにも、“この曲知ってる”って言ってもらえるような曲。そういう曲を作っていきたいし、そういう曲が何曲も欲しいっていうか。

-なるほど。今のムックを語る上で、ダンス・ミュージックは必要不可欠な要素のひとつになったと思うのですが、ちょうど『カルマ』の頃に、ミヤさんはDJ活動を始めていますよね。ダンス・ミュージックの要素がバンドにも表れてきたのはDJ活動の影響と言えるのでしょうか。

それはもう、直結で影響していますね。DJするようになって、聴く音楽も増えたし。音楽そのものも重要なんですけど、クラブとかバーでの人との触れ合い、会話、そういうところから生まれてくるネタも尽きなくて。人と接することによって生まれる何かっていうのかな。積極的に外に出るようになってから、歌詞のネタに困らなくなったんですよね。歌いたいことがいっぱい出てきて。いろんな状況とか、感情とか、色んなネタがどんどんどんどん出てくるようになったんですよ。