MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Pay money To my Pain

2012.10.10UPDATE

Pay money To my Pain

メンバー:K (Vo) PABLO (Gt) T$UYO$HI (Ba) ZAX (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-今回のインタビューはベスト・アルバム・リリースということでP.T.P.の歴史を少し遡らせてください。まずP.T.P.結成前にはそれぞれの別のバンドやサポートなどで活動していたということですが、話せる範囲で教えてください。

T$UYO$HI(以下T):僕はDRUG STORE COWBOYというバンドをやってまして、00年に東芝EMIからデビューして、アルバムを4枚ぐらいリリースしました。デビューした年のイベントの対バンでPABLOと出会いましたね。

PABLO(以下P):P.T.P.をやる前はサポートの活動をやっていて、あとは自分がヴォーカルを務めていたPABLO BANDで活動してました。

-今はPABLO BANDの活動はしているんですか?

P:やってないですね。

-Kさんはいかがですか?

K:俺は“ガンバッテ”っていうバンドをやってたんで。

-後半がちょっと違う気がしますよ(笑)。

一同:(笑)

K:GUNDOGっていうバンドをやっていて、VAPからデビューしてそれからずっとVAP縛りですね(笑)。

-長い付き合いですよね。

K:長いっすね。本当に長いですね。

-ZAXさんはいかがですか?

ZAX(以下Z):僕はKAMINARIっていうバンドをやってました。

-CD買いましたよ。

Z:音源では叩いてないんです。レコーディングはしてないですね。

P:日本を代表するメタル・バンドKAMINARI。

Z:西にSUCKDOWN、東にKAMINARIって言われたぐらいやからな。

-あ、対になるのはSUCKDOWNなんですね。

Z:当時は結構接点がありましたね。

-SUCKDOWNってミクスチャーなイメージがありますよね。

Z:KAMINARIも初期はミクスチャーですからね。

-確かに。

Z:僕はメタルになってから入りましたけど。

P:もうとにかくギターが刻んでましたね。

Z:“ドゥクドゥクドゥクドゥクドゥクドゥク”ってね。

P:ずーっとZAXが涙目でドラム叩いてるっていう(笑)。

Z:血便出たし!拷問やったからな、ほんまに。

一同:(爆笑)

Z:“てめぇキックが0.5秒遅せぇんだよ!”って言われて“そうっすか?”って(笑)。

-他のメンバーさんは先輩方だったんですね。

Z:はい。練習し過ぎてケツがイってましたもん。練習し過ぎ、悩みすぎ、ケツから血……。
それで辞めたんです。

-なるほど、分かりました(笑)。
P.T.P.は04年9月に結成しましたが、皆さんはどういった経緯で一緒にバンドを組むことになったのですか?

T:PABLOと何かやりたいねって話をしていて、PABLO BANDがリリースしたCDでは俺がベースを弾いてたんです。でもヴォーカルがいないと始まらないって話になって、その時にGUNDOGのデビューの際の2曲入りの音源と資料が我が家にやってきて聴いてみたら、すごいかっこいいバンドだなって思ったんです。でも紙資料に載っている写真を見てもイマイチ良く分からなくて、これは実際に観に行こうってことになって、ライヴを観て“コイツだ”と、絶対にコイツとバンドをやりたいと思って、PABLOに“いいヴォーカルいたよ”って伝えたんです。でもKはこれからGUNDOGでデビューするタイミングだったんです。その後VENICE 13(現VENICE CLASS SICKS)ってブランドのTSUYOSHIさんが前橋でワンコイン・ライヴみたいなものをやるから、“DRUG STORE COWBOYで出ない?”って誘われたんだけど、俺は“他ので出ちゃダメですか?”って頼んで、そういうライヴがあるから何かやろうよってKに言ったらJIN君を連れて来て、ドラムはその時はDRUG STORE COWBOYのSeiji君でした。その後、続けていこうってことになって、今度はPABLOがZAXを連れてきたんです。そういう感じで、実はP.T.P.はGUNDOGと同時進行的なバンドだったんですよ。