MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GOOD4NOTHING

2012.10.05UPDATE

2012年10月号掲載

GOOD4NOTHING

メンバー:U-tan (Vo/Gt) Makkin (Ba/Cho) Tanny (Vo/Gt) SUNE (Dr/Kuchibue)

インタビュアー:荒金 良介

-今作はGOOD4NOTHINGらしさが全開に出た、素晴らしいアルバムに仕上がりましたね。

U-tan(以下U):周りのバンドマンもいい評価をいっぱいくれてるんです。それはいままでにない感じなんですよね。

Tanny(以下T):それは僕も肌で感じますね。

U:うん、何やろ、メロディなのかな?今回は“すごく耳に残る”って言われますね。

-自分たちではあまり実感がない?

U:いや、今回は作るときに曲のハードルを上げたんです。いつも高いんですけど、そのハードルをさらに上げようと思って。メンバー全員が“これヤバイ!”と思えるまで曲を煮詰めたんです。おもちゃ箱にいろんなおもちゃが入ってるのがアルバムじゃないですか。その1個のおもちゃを取っても、シングル・カットできるアルバムにしようと思って。それがこういう形で表れたのかなって。

-曲をさらに煮詰める作業というのは具体的には?

U:前にショート・チューンばかりの作品(『It’s shoooort time!!!』)を出したんですけど。そこで1分間で曲の見せたいところをわかりやすく出そうと考えて。そこで吸収したことをさらにシンプルかつ、わかりやすくできた感じがするんですよ。

T:細かいところに気を配りつつ、客観的な目線も持てたので……いままでやれてたつもりやったけど、ショート・チューンを集めた作品で気付けたことが大きかったんですよね。今、このアルバムの曲をリハしているんですけど、ニヤニヤが止まらないんですよ。

-なんですか、そのニヤニヤって(笑)?

T:1人ひとりが納得した作品を作れたので、どの曲もやっても楽しいんですよ。それはいままでなかったことだし、俺ら自身がいい曲やなと思えているので、それが大きいですね。

-作品を何枚も重ねてきて、自分たちが楽しく思えることって忘れがちというか、大切なことですよね。

U:今回は去年の暮れと5月という感じで、2度に分けてレコーディングしたんですけど、その間にも何度も聴いてますからね。

-SUNEさんはどうですか?

SUNE(以下S):僕にとっては2枚目のフル・アルバムになるんですけど、Tannyさんが言ってたニヤニヤする感覚は僕にもあるんですよ。プレイしながら入り込めるし、それは単純にいい曲だからなのかなって。ライヴでもこれから披露するのが楽しみなんですよね。名曲目白押しのアルバムやと思います。

U:今回はメロディに渋味が出てきたのかなと。聴いてると、フワーッと連れて行かれるような気持ち良さがあるんですよ(笑)。

-ああ、メロディに哀愁感が滲み出てますよね。

U:それこそダシですよね。パッと食べたら醤油やけど、カツオが効いてるなあって(笑)。

T:15年のキャリアが滲み出てるんじゃないですかね。

U:今作の制作途中で生みの苦しみがあったんですよ。曲が全然まとまらなくて。3分ぐらいの曲を作るのに2カ月もかかったんです。1曲目の「BROKEN RADIO」という曲なんですけど、粘って粘って作り上げました。その分、でき上がったときの喜びはでかかったですね。

-ちょっと話は逸れますが、今回のアーティスト写真はなぜカウボーイなんですか?

U:それ全く意味ないんですよ。

-さっき言っていた懐かしい香りという意味で、近からず遠くない印象を受けますけどね。

T:西部劇って西じゃないですか。僕ら関西なんで……ということにしてもらっていいですか?

Makkin(以下M):今、考えただけやろ(笑)!

T:はははは、関西=西部劇でお願いします!

U:今回ハードル上げて作った曲たちが、俺の中では子供たちというか、仲間のように思えてきたんですよ。だから、DUDES=“ヤバイ奴ら”みたいな文字を入れたかったんです。『ALL THE AWESOME DUDES』とアルバム名を付けたときに西部劇の子供がなぜかパッと思い浮かんだんです。ほんとそれだけです(笑)。

-はははは。今作は全曲フレッシュな空気が吹き込まれたような風通しの良さがあるし、歌詞も“またここから行こう!”みたいなニュアンスも入ってますが、これは?

U:やっぱりバンドを長く続けることはすごく難しいことなんですよね。体力的な面もそうだし、そういう難しさを感じながらも・・・やりたいことをやる、好きだからやる、もっとシンプルな考え方でいいんじゃないかと思って。自分たちに対して、それでいいんだぞ!と言い聞かせてる部分はあるかもしれない。

M:30歳を超えたら、毎回新しい気持ちで挑まないと、続けられない気もして。