MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2012.07.06UPDATE

coldrain

メンバー:Y.K.C (Gt) Katsuma (Dr) Masato (Vo) Sugi (Gt) RxYxO (Ba)

インタビュアー:ムラオカ

―『Through Clarity』完成おめでとうございます。早く7月4日を迎えてみんなの反応が聞きたいのではないですか?

Y.K.C(以下Y):間違いないです。しかも今回は今までの作品よりも、録り終わってから発売までの期間がかなり長いので、余計にそう思いますね。

MASATO(以下M):こうやってインタビューを受け出すとついにリリースかって感じが出てきますね。

Y:レコーディングしたのが遥か昔のように感じます(笑)。

-自分たちではすでにリリースしてるんじゃないかってぐらいの勢いでしょうか?

Y:そうっすね(笑)!

M:みんながハマり出した頃に自分たちはすでに聴き飽きちゃったみたいな(笑)。

一同:(爆笑)

M:そんなこと言っちゃダメか(笑)。

-今作を語る上で外せないのが、初の海外レコーディングということだと思います。メイキング・ビデオを見させていただきましたが、非常にリラックスしてアメリカでのレコーディングに臨めたようですね。

Y:メンバーそれぞれ思うところはあるのかなという気はしますけど……。単純にいつもと違う環境だったので、例えばドラムだったら、時差ボケで身体が動かない中で一番最初に録らなければいけなかったりとか、身体的にストイックにならざるを得ない部分があったりするだろうし、個々で思ってる感想は違うと思うんです。でもバンドとしてはメイキング映像のまんま、みんな楽しんでやっていたと思いますね。僕は単純に楽しかったし、本場のロックが生まれた土地にその頃からある機材だったりとかギターだったりがあって、今までCDで聴いていた音がそこから出ているのだと思うと単純にワクワクして楽しかったなというのが一番の印象ですね。

M:初めて会う人たち、初めての経験と毎日違う様々な情報が入ってきて、刺激で溢れていましたね。逆に1回日本から離れたことによって本当に自分たちの音楽だったり、自分たちのバンドに向き合うことが出来たし、日本のシーンで何が起きているのかってことも一度離れてみて、“coldrainとは何か”ってことに向き合えたかなと思います。それをずっと憧れてきた環境で出来るっていうのはやってきて良かったなと思える瞬間だったなと思います。

Sugi(以下S):今までは全部セルフ・プロデュースでやってきて、プロデューサーをつけるということが今回が初めての経験で、いったい何を言われるのかも全く未知数だったので不安はかなりありました。でも客観的に見てもらったり、意見を言ってもらったりと1ギタリストとしても今回の経験は勉強になったな思いますね。

Katsuma(以下K):全てが初めてのことだらけだったんですけど、行く前はやっぱり不安があって、さっきチラッとY.K.Cが言ってた時差ボケのことも、アメリカに行く前は全然考えてなかったんですよ。その時差ボケも最初苦労したんですが、最終的には全員メイキング通りにそれぞれ楽しんで、得るものを得て、尚且つその時だけのことではなくバンドの今後に繋がるものをそれぞれが得て帰ってくることが出来たので本当に良い経験だったと思います。

-実際に向こうに行って翌日ぐらいからレコーディングを始めてたんですか?

K:いや、レコーディングは1週間後からだったんですけど、最初に録る曲をプリプロしてアレンジとかを組み直すという時間があって……。

M:そこはたまたま映像に収められてないんですけど、そこが一番シビアでしんどいところでしたね。また映像作るんだったら、どうせだったらメイキングにはそういうしんどいところも収めたいと思う。本当に全く楽しそうじゃない瞬間があったからこそ、後半であれだけ楽しくなってきたというか……。力が入り過ぎていた部分もあっただろうし、行ってみて分かったのはあんまり気負う必要はないということですね。

S:時差ボケがあんなにキツいものなんだって思ってなかったですね。日本時間で6時7時ぐらいになってくると急にスイッチが落ちるんですよね。切り替えられないし、訳が分からない感じですね。

-皆さん苦労されたんですね?

Y:RxYxO以外はみんなくらってましたね。なぜかRxYxOは全く時差ボケしてなかったよな。

RxYxO(以下R):日本にいるときの方が変な感じというか、日本ではすごく遅く寝ても早く起きてしまうんですが、アメリカ行ったら逆にすぐに寝れるし、いつもは真っ先に起きるタイプなのに最後まで眠れるし快調でした。

M:めっちゃ元気そうだったよな。

R:逆にみんなが心配になっちゃいましたね。もうちょっと寝ろよって(笑)。

M:3時、4時に寝たのに6時半とかに起きるんですよ(笑)。しかもめっちゃすっきりしてて。

Y:携帯で時差ボケを治す方法を探しましたよ(笑)。

-プロデューサーのDavidがメイキング・ビデオで“アメリカでのレコーディング経験がバンドの絆を深め、また成長に繋がっただろう”……などなどすごく親身になって良いことを言っていますね。

Y:みんなで苦労したことというよりは、自分たちが何をすべきかだとか、どういう方向に音楽を進めていったらいいかを、より認識出来たのが大きかったので、そういう意味でバンドとして一回り成長出来たのかなとは思いますね。