MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2012.02.03UPDATE

2012年02月号掲載

ROACH

メンバー:TAAMA(Vo) くぼっち(Gt) 勝也(Ba)

インタビュアー:ムラオカ

-前作11か月前『BREED OF THE SUN』をリリースして1年が経とうとしていますが、ROACHにとって今前作を振り返ってもらってもいいでしょうか?

TAMMA:あの時出来ること全てを詰め込んだ作品でした。それからツアーを回ってみて良かった点だったり、こういうリアクションが返ってくるんだなって驚いたこともありました。曲、歌詞に関しては、こういう風にしていきたいなって思ったつもりではなく書いていたんですけど、今思えば自分がそういう風にしていきたいなっていう願いだったのかなと思います。今作が出来てみて気付けたことみたいな感じなんですけど・・・・・・先に喋ってもらってもいいかな?(笑)

一同:(笑)

くぼっち:今振り返ると必死だったなと思います。やっぱり本州で"ROACHです!初めまして!!"という作品だったので、どういうリアクションがあるんだろうとか、こうなりたいなっていう予想を立てつつの作品でしたので今振り返るとがむしゃらにやってたなと感じますね。

勝也:色々な新しいきっかけを作ってくれた作品でしたね。ツアーで「BREED OF THE SUN」の曲をやりつつ、自分たちのライヴってこういうスタイルなんだな、とかバンドってこういうスタイルなんだなというのがあらためて分かったアルバムですね。
 
TAMMA:今のメンバーになって初めての作品なので"ザ・始まり!"みたいな作品だったなと今振り返ると思います。

-2011年、タワーレコード那覇店で最も売れた沖縄作品で7位に入ったようですね。

TAMMA:嬉しいです、単純に。

-他のアーティストのタイトルを見ると全国的にすごく有名なバンドがいて、その中で7位っていうのは、沖縄のキッズからROACHは支持されているという状況だと感じたのですが?

TAMMA:本当にもう、頑張っているので沖縄は(笑)。とても嬉しいですね。

-数字として表れたということですね。

TAMMA:次のアルバムは目指せモンパチで(笑)!

-去年2月の前作『BREED OF THE SUN』リリース以降ROACHの活動スピードが一気に上がり、バンドの認知度もぐんと上がったと思うのですが、実感はありますか?

TAMMA:ありますね、お陰様で(笑)。沖縄にいる時間が大分減りました。それから渋谷を歩いていて友達に会えるようになりましたね。最初はそんなことなかったんですよ。この1年で友達も増えたなって感じるようになりました。

-友達というのは、バンド仲間ということですか?

TAMMA:はい、バンド仲間です。

-お客さんに声を掛けられるようになったり?

TAMMA:そういうこともありますね。嬉しいです。

-第2の故郷という感じになっていますか?

TAMMA:そうですね、渋谷が地元化してきているのかな。すごく居心地が良いですね。

-自分たちでそういう場所を作ってきたという実感はありますか?

TAMMA:色々な人に支えてもらいながら、友達してもらっているような(笑)......そんな感じですけど。

-女の子のファンももちろんですが、特に男の子のファンが増えたんじゃないでしょうか?

くぼっち:それは感じますね。嬉しいです。

-今日はみんな無口ですね(笑)。

一同:(爆笑)

TAAMA::こうやってあらたまると緊張するんですよ(笑)!

-前回よりも絶対緊張している気がするんですが、なんでだろう(笑)?

勝也:もっと楽な感じで行きましょう。