MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GOOD4NOTHING

2012.01.11UPDATE

2012年01月号掲載

GOOD4NOTHING

メンバー:U-tan(Vo&Gt)

インタビュアー:TETU★KID

-ニュー・シングル『RIGHT NOW』聴かせてもらいました。正直めちゃくちゃ格好良くて大好きです!2012年の初っ端からアンセム・ソングが出てきて、個人的にも非常に嬉しいです。完成させた今のお気持ちはいかがでしょうか?

前作の反動(笑)もあって、短くないのができましたね〜。BPM(演奏のテンポ)もなにげに初めての速度なんですよ。

-「RIGHT NOW」ですが、GOOD4NOTHINGのキャッチーなメロディも秀逸で、疾走間溢れるパートもリスナーのテンションをグッと上げてくれる楽曲に仕上がっていますね。その中で驚いたのはAメロに入る直前のブレイクダウン的なパートです。GOOD4NOTHINGの楽曲の中でブレイクダウンが入ったのは初めてじゃないですか?

そうですかね〜?テンポ的には「J.C.」とか「SUMMER」って曲があるんですけど、わりとハーフでゆっくり流れる感じが好きでよく使います。

-メロディもコード進行もギター・リフも素晴らしくて、大好きなのですが、「RIGHT NOW」はどのように制作されていったのでしょうか?核となった部分があれば教えてください。

メロディが先にあって、そこから作りました。最初は全編8ビートやったんですが、サビを速くしてみたら“これいける!!”ってなってこの形になりました。

-Track.2に収録されているQUEENの「DON’T STOP ME NOW」のカヴァーもGOOD4NOTHING流にしっかりと料理されていて、ライヴでも凄く盛り上りそうですね。この曲をカヴァー曲として選んだ理由はなんだったんでしょうか?今の流行でしたらLADY GAGAなども面白いかなと思ったのですが。

みんなが知ってて、しかも俺らも昔聞いててってところで選曲しました。最後まで候補として残ってたもう1曲のBob Dylanもいい感じやったんですよ〜。

-また「DON’T STOP ME NOW」をカヴァーするうえで拘った、心掛けた点がありましたら教えてください。

そうですね〜。僕らの色が出たらいいなとは思ってアレンジしました。

-Track.3に収録されているのはBACK 4 GOOD TOUR Final新木場スタジオコーストでのライヴ音源ですね。当日は大盛況で、素晴らしいライヴでしたが今振り返ってみていかがでしょうか?

ライヴっていいですよね。毎回ライヴのライン録りは聴いてるんですが、その瞬間を思い出せるんですよね。で、また自分を磨く。それの繰り返しです。今日と同じライヴは二度とできないですから。

-音源で聴いてもGOOD4NOTHINGのライヴは良いですね。シングルにライヴ音源を盛り込むというのはここ最近の流行だと思うのですが、これは誰のアイディアだったのでしょうか?

2004年くらいにリリースされたのBLINK 182のライヴ盤がめちゃよくて、それを真似て(笑)今回入れようってことになりました。シングルやのに収録分数が前作のアルバム『It’s shoooort time!!』と変わらないくらいあるっていう・・・

-新らしいアーティスト写真についてお伺いしたいのですが、上半身はピシッとしたスーツなんですが、下半身に目をやるとメンバー全員がトランクス?パジャマ?を着用されていますね。そのギャップがなんとも面白い写真になっていますが、こちらは誰のアイディアだったのですか?またコンセプトがありましたら教えてください。

大阪人なんで、普通がイヤなんですよ。絶対なんかしたがるんですよね〜。けど、ハプニングもあって‥…まず、トランクスを買ったつもりが、開けるとまさかのステテコ・七分丈!本来はトランクスの予定でした(笑)

-(笑)

履いてみたところで自分達的にそんなにおかしくない仕上がりだったので、今回のアーティスト写真は実は2枚あるんですよ。もう少しチョケ(ふざけ)たバージョン。(G4Nオフィシャルホームページ(PC版のみ)か気まぐれでどこかで見れます。)ステテコもカットオフされてます(笑)

-シングルと同時発売されるベスト・アルバム『GREATEST HITS!?』に関して伺います。リリースのタイミングなのですが、どうしてこのタイミングを選ばれたのでしょうか?2010年はご自身のレーベル“L.M.N.O.P.”を立ち上げられましたし、2013年には15周年というメモリアル・イヤーを控えていますよね。そういう点からもなぜ今のタイミングなのかと疑問に思ったのですが?

ここ近年海外でのツアーも増えてきてて、何か自分らの名刺代わりになるものがあればと思い、そういう趣旨で作りました。