MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Pay money To my Pain

2011.01.14UPDATE

2012年10月号掲載

Pay money To my Pain

メンバー:K(Vo)  PABLO(Gt)  T$UYO$HI(Ba)  ZAX(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-『Remember the name』はKさんの帰国後初の4人揃って一緒に作ったフル・アルバムとなりましたが、今までの2枚とは必然的に作成のプロセスが変わったと思いますがいかがでしたか?

ZAX(以下Z):まぁ……確かにみんなで合わせながら作っていく作業は格段に増えたかなって思いますね。細かいところの打ち合わせもしながらできるので。あとは制作にかけた時間が全く違うので、純粋に比べられるものでもないくらいに違うかなっていう…なにせ取り組み始めたのが一年くらい前ですから。

-それはシングルを出す前から?

PABLO(以下P):もともとシングルを出す話はなくて、アルバムを出すっていうので、じゃあ曲作りを始めようかって中でシングルが生まれたので。アルバムの曲作りは去年の10月か11月くらいから始まってましたね。(※このインタビューは2010年12月に行われている)

-1stアルバム、2ndアルバムはそれぞれ9曲入りでしたが今作は13曲入りという非常にボリュームのあるものになりました。今のPTPは創作意欲が非常にいい状態にあるのではないでしょうか?

P:紆余曲折はもちろんありながら、いろいろたくさん素材を用意しつつ、曲数を多く入れたかったってのはすごくあるんですよね。そこに自分たちの意思みたいなものも込められたらなと、絶対曲数を多くしようという気持ちは強かったですね。

-“前作は苦しみながら作った9曲”と以前のインタビューでおっしゃっていましたが、今作では新しいものを生み出す苦しみは当然あったでしょうが、4人で楽しみながら作ったんじゃないかなと想像していたのですが、実際はいかがでしたか?

P:順繰り順繰り匍匐前進しながら作っていったんですけど、それぞれの葛藤っていうのが一番デカいんじゃないですかね、それぞれ個人が持つ葛藤みたいな。そういうものが大きかった気がしますね。曲を作ること自身が苦しいというより一人一人における葛藤が大きいっていう。

-それぞれの葛藤というのはどのようなものなのでしょうか?

K:まずもう飲んだくれて“無理だぁーー”ってところから始めましたね。で、14曲って言われて、“そんなに詞書けねーよ”ってまず思って、書きたいこともなくて、制作意欲もなくて、“どうしよう……”って。テンション上げなきゃいけないし、やんなきゃいけないし。タイミングってあるじゃないですか。俺の中のタイミングとそん時が合わなくて、でも期日が迫ってきててやんなきゃいけないし、やるんだったら絶対最高のもの作りたいし、またそれで葛藤して、逃げて、また戻ってきて、またいつものように書いて……

-14曲っていうボリュームは最初から決めていたのでしょうか?

K:そうですね、もっと多いかもしれないって話があって、“マジで書けねぇ”って思って。

-他の皆さんはいかがですか?

T$UYO$HI (以下T):うーん、葛藤っていうか、なんだろう。レコーディングに入ったら楽しいんだけど、そこに入るまでですね。レコーディングに入ってしまえば曲数が多いけど時間が少ないので、ベースはすぐに録れるようにしておこうとは思ってましたね。曲作りの段階の時に今回は違う風を吹かそうって思って、違った視点でワンパンチ入れたいなと。今までは一番最初のPABLO のアイデア待ちということが多くて、それに対してみんなが“これいいんじゃない”っていうのが多かったんだけど、意見があるなら、それぞれも動かなきゃいかんのではないかと意識しましたね。

-これまでの作品はPABLO さんが意見を出し、みなさんで肉付けをしていく流れだったけど、今作ではそれが少し変わったということ?

T:いや、基本はそうなんですけど、そうじゃない方法も必要なんじゃないかってことですね。ZAXもドラムから曲のアイデアを持って来たりだとか、自分が動かなきゃと思って、4人が集まる前にみんな個人で動いていましたね。

Z:リズムの流れだとか、俺の手癖だとかそういうのは今回は完全に封じて、如何にシンプルにやるか、でしたね。変なタム回しだとかも一切してないし、ここぞという時にしか出してないし、最初はホンマ訳分からなかったですけど、リズムの核っていうか芯ってあるじゃないですか、曲の持ってるリズムの芯、そういうものを意識することができて面白かったですね。

-ZAXさんは幅広く音楽を聴いていますよね?幅広く音楽を聴くことで参考になることはありますか?

Z:そうですね!参考にすることはありますね。ただ今回は一切そういうのをシャットアウトしています。僕の聴いている音楽って結構むちゃくちゃじゃないですか(笑)。