MENU KNOTFEST JAPAN 2014WII

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ARCHITECTS

2011.01.12UPDATE

2011年01月号掲載

ARCHITECTS

メンバー:Dan Searle (Dr)

インタビュアー:Dr. Doom (DOOM PATROL FOUNDATION)

04年、UKのブライトンにてDan(Dr)、Tom(Gt)のSearle兄弟(双子)を中心に結成。06年リリースのデビュー・アルバム・リリース時はなんと平均年齢17歳であった。それから5年、4thアルバムとなる『The Here And Now』がハードコア、メタルコアに精通する“DOOM PATROL FAUNDATION”から全世界に先駆け日本先行リリースが決定!!
今作はHATEBREED、STORY OF THE YEAR、THE DILLINGER ESCAPE PLANなどを手掛けるSteve Evettsがプロデュースを、マスタリングにはハードコア・バンドだけでなくFALL OUT BOYなども手掛けたWest West Side MusicのAlan Douchesとまさに鉄壁の布陣により制作。
4thアルバム『The Here And Now』の話題や最近の活動などについて中心メンバーであるDan(Dr)に話を伺った。

-今 (2010年12月16日現在) はちょうどツアーの合間でお休みな感じですかね? 今年はシーンの最前線のバンドと共に世界中をツアーしまくっていたと思います。印象的だったツアーはありますか?

うん、もちろん。今年はほんとに素晴らしい年だったよ。それと同時に長く感じたしハード・ワークだったけどね。でも友だちもたくさんできたし、ファンもすごく増えたと思うんだ! 最高だった経験は、やっぱりイギリスでやったヘッドライン・ツアーかな。何年も頑張ってきたことがようやっと実を結んだって気がしたよ。ほんとに報われたし、このまま物事がどんどん上手く進んでくれることを願いたいね。

-日本盤がリリースされるのは『Hollow Crown』に続いて今回の『The Here And Now』が2枚目となります。前作から今までの活動について簡単に教えてもらえますか?

ずっとツアーをしてたよ。めちゃくちゃたくさんライブをやった。4~5回アメリカに行って、ヨーロッパ各国、イギリスでも山ほどライブをして、オーストラリアには3回行った。そろそろ日本にも行かないとね!『Hollow Crown』をリリースしてから周りの状況はすごい変わったから、また今回のリリースでも色々と変化が期待できると思ってる。1年後にどうなっているか予想するのは難しいけど、もし『Hollow Crown』リリース後くらいの飛躍ができるんだとしたら、状況はかなり変わるね!!

-アルバムのアートワークやタイトルなどに、あなた方がこれまで世界中をツアーしてきたことが反映されているように感じました。実際にはそれぞれどういった意味や思いが込められているのですか?

そうだね。アートワークもタイトルもまさに俺たちの過去数年間に関係してる。長い時間、故郷を離れていたし、正直いいことばかりじゃなかったんだ。でも、ある時点で「俺たちが今こんな風に生きていることはめちゃくちゃラッキーなんじゃないか」ってことに気付いてね。だから瞬間瞬間を大事に生きようって思ったんだ。俺たちの状況はそんな感じなんだけど、歌詞ではもっと内容が広がっていて、みんながそれぞれ自分の今を大事にして精一杯生きないといけないってことをテーマにしているんだ。人生って素晴らしいものだし、自分の "今" に感謝しながら生きるべきだと思う。それはつらい時には難しいことかもしれないけど、このCDを聴くことで、人生でつらい思い、大変な思いをしている人たちが少しでも勇気付けられてくれたら嬉しいと思うんだ。このアルバムに込められたメッセージはほんとにポジティブなものなんだよ。

-「Year In Year Out」 にはTHE DILLINGER ESCAPE PLANのGreg、「Stay Young Forever」 にはCOMEBACK KIDのAndrewがゲスト・ヴォーカルとして参加しています。それぞれどのような経緯で参加することになったのか教えてください。

Andrewとは2年位前から友だちで、彼のバンド (COMEBACK KID、SIGHTS AND SOUNDS) とツアーをしたりもしたんだ。俺たちは彼の声が大好きだし、素晴らしいミュージシャンだから一緒に仕事がしたくてね。Sam (ヴォーカル) もCOMEBACK KIDの新譜で歌ってるからヴォーカルのトレードみたいなもんだね!GregはSteve (『The Here And Now』のプロデューサー) の親友で俺たちがトラッキング中に何回かスタジオに来てくれたんだ。多分Steveが俺たちがTHE DILLINGER ESCAPE PLANの異常なまでのファンてことを彼に伝えて参加してくれるように言ったんだと思うんだよね。ほんと感激したよ。俺たちがバンドを始めたのも基本的にTHE DILLINGER ESCAPE PLAN の影響だからね!!

-1年中ツアーをして世界中のバンドと仲良くなっていると思います。本国イギリス以外のバンドで、特に仲の良いオススメのバンドを教えてください。

俺たちが仲良くしてるバンドは、ほとんどみんなが知ってるようなバンドが多いんだよね。あんまり知られてなさそうなところではLOWER THAN ATLANTISとか、COMEBACK KIDのAndrewがやってる別のバンドのSIGHTS AND SOUNDS、それから『Fake History』っていうアルバムを今年リリースしたLET LIVEとかかな。どれもほんとに素晴らしいバンドだよ!