MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Fear, and Loathing in Las Vegas

2010.12.08UPDATE

2010年12月号掲載

Fear, and Loathing in Las Vegas

メンバー:So(Vo&Prog) Sxun(Gt) Tomonori(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-アルバム『Dance & Scream』完成おめでとうございます。アルバムが完成しての今の気持ちを教えてください。

Sxun(以下Sx):フル・アルバムという曲数の多い作品の制作を初めてやったんですが、前作の『Take Me Out!!』の時から曲作りはすごい苦労してたんで、そこからさらに新曲を作って、レコーディングをやったんで、曲が間に合うかなとか、そういう期限的なものもありつつ、でも内容はちゃんとしたい、妥協したくないっていう葛藤がすごくありました。最後の最後まで不安はあったんですけど、曲が揃ってみて、すごい納得のいくものが出来たなと思ってます。

So:僕らに出来る最高の11曲が出来たと思うんで、ほんとに満足感があります。

Tomonori(以下T):妥協なくできたんでよかったです!

-半分は再録とはいえ、いきなりのフル・アルバム制作でプレッシャーはありませんでしたか?

T:まぁ、そりゃあ曲作りやってるSxunは辛くなったと思いますけどね。

-曲作りやってるのは、Sxun君?

Sx:そうですね。

T:基本的に、SxunとヴォーカルのMinamiが、メロディとかキーボードのフレーズを持ってきたものを、6人全員で広げていくのが基本的な曲作りの形ですね。

-デビューからわずか2年で数多くの海外バンドとの対バンや今回のアルバム・リリースと非常に順調に成長していっていると感じるのですが、ここまでスムーズにいけると自分たちでは想像していましたか?

T:実は全然スムーズじゃなくて、実際みんなで話し合いをしたり、結構いろんな問題が起きてたんで、妥協一切なしで、みんなでずっと話し合って必死にやってましたね。色々と苦労とか葛藤とかありましたけど、それでも全部クリアにした状態でこの1枚を出せましたね。

-ちなみにその苦労、葛藤というのは?

T:曲作りで僕とSxunが対になる2人というか、意見を言うのは僕ら2人で、4人はそれに対して、俺はこう思うっていう感じなんですが、みんなでぶつかりはしましたね。

Sx:やっぱり、長期的な目標とか、目の前にあることを一個一個頑張ってきたっていう感じなんで、周りから見えてるのと、自分らの心境はちょっと違うなっていうのはありますね。なんだかんだいろいろ、しんどい想いもしたし、頑張った部分もあったんで、今となってはうまくいったなって感じで。

-ライヴ後にも必ずメンバー皆で猛反省会が行われるんですよね?

T:基本的に一個でも後悔することがあった時は、ボロカスに言い合うような人達なんですね。じゃないと次の成長が見れないんで、シビアに判断して、絶対甘えなしでやろうと思ってますね。

-それは、周りのお客さんの盛り上がりとかも関係せずに?

T:全然関係ないです。もちろんお客さんが、盛り上がってる姿込みでライヴっていう見え方は、良かったり悪かったりすると思うんですけど、でもやっぱりこれからもっともっとお客さんを増やしていく過程で、僕ら自身がどれだけ良いライヴができるか、後悔なしにできるか、インパクト与えたり、テクニックの部分であったり、動きのキレだったり、いろんなところがやっぱりあるんで、そういうところは一切妥協なく、常に自分らの中の完璧を目指していきたいと思ってますね。

-そういうところが非常にストイックですよね?

T:そこストイックにならないと絶対消えますからね、僕ら音楽で飯食ってくつもりなんで。

-6人もいると、それぞれの成長にも差が出てくると思うのですがいかがですか?

T:バンドを結成した頃はメンバーがいろいろいたんですけど、音楽で食って行きたいって決めてたんですよね、僕とSxunは。その上で、MinamiとSoは大学生、Mashuは高校生、Taikiは就職してたんで。でもやっぱり初めの頃は、まぁ趣味の範囲で、できるだけ自分らの音楽を良いものにしていきたいっていうイメージでやってたんですけど、でも1st E.P. を出すにあたって、今のマネージャーさんと出会って、いろいろとお話していくうちに、メンバーみんなが音楽で飯を食うっていうのが、だんだん明確なビジョンになっていったんで、その時はやっぱり食いつきましたよね。そこでやっと、6人全員が一丸になれたと思いますけど。

-1st E.P.って年月でいうと2009年の8月くらいでしたか?

So:11月ですね。ちょうど一回目の激フェスあたりです。