MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2010.06.11UPDATE

2010年06月号掲載

coldrain

メンバー:Masato(Vo) Y.K.C(Gt) Sugi(Gt&Cho) RxYxO(Ba&Cho) Katsuma(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-まずは前作、『Final Destination』ですが、評判も売れ行きも好調なようですが、今自分達自身でこのアルバムを振り返ってどのように評価しますか?

Masato(以下M):ツアーを回っていて自分達のセットリストが悩めるくらいいろんな曲があったり、いろんな感情があったり、いい意味で自己紹介になるようなまさに納得のファースト・アルバムだったかなと思います。

Katsuma(以下K):ファースト・アルバムをリリースしたことでcoldrainってこういうバンドでこういうライヴをするんですっていうのが分かってくれたと思いますね。ファースト・アルバムがあったからこそ、こうやってまたミニ・アルバムをリリースできたし、これからもまた違ったフックが出せるのかなと思いますね。

Sugi(以下S):アルバム・リリースに至るまでの2年間を出せたアルバムだなと思います。リリース後のツアーで初めてワンマンを経験できたし、そういう部分の経験も大きかったので良かったなと。

RxYxO(以下R):アルバムを出したいという目標に向かってチャレンジしてきましたが、振り返ってみるとそれが間違いではなかったと感じることが出来たアルバムですね。

Y.K.C(以下Y):「Final destination」って曲がある種僕らの一つの代名詞に切り替わった・・そう言うと変かもしれませんが、もしかしたら今までcoldrainって「Fiction」だったのかもしれませんが、それがcoldrainは「Final destination」から知りましたって人が凄く増えたきっかけになった一枚だと思うし、もちろんあれが僕らのすべてではないし、最初作った時も自分達ではそこまでパンチを出したつもりでもなかったんですけど、結局ドロップしてみたらそういう状況になって、ファースト・アルバムの曲が、結局今のライヴでのメインの持ち曲になっていて。それは狙ったわけではないですけど、節目としては本当に良かった一枚ですね。

M:一枚目としていろんな曲がいろんな人に刺さったということが、一枚目ですでに出来たかなって思います。

-またライヴもずっと見させていただいていますが、急成長振りには驚かされます。
自分達自身でも非常に充実したライヴができていると実感しているのではないでしょうか?

M:本当にそれって最近のことですが、ライヴのやり方っていうか、ライヴに対する意識が形成されてきたり、いい意味で考えなくなった部分がいっぱいあって、考えなくても自分達らしいライヴが自然に出来るようになりましたね。

Y:うちらのライヴって“こんなんだよ”って、言葉で説明しろって言われても難しい。観に来てくれてるお客さん側も、通じ合って感じてくれてる人がたくさんいると思うし、何も言っていないのに“こういうことでしょ”って以心伝心じゃないけどそういうことが出来つつあるし、そういうことをどんどん突き進めて行ったらどんどん楽しいライヴが出来るし、観に来てくれた人たちも満足して帰ってくれるんじゃないかなって思いますね。

-アルバム・リリースからわずか7 ヵ月でミニ・アルバム『Nothing lasts forever』のリリースですね?かなり短いスパンでのリリースに感じるのですが、皆さんの創作意欲はとどまることを知らないのでしょうか(笑)?

Y:鞭ですよ、鞭(笑)

-(ジェスチャーを見て、“無知”でなく“鞭”であることに気付き)そっちの鞭ですね(笑)。

一同:(爆笑)

M:単純に刺激だと思いますけどね。いろんなバンドとやったりいろんなイベントに出ると、自分達の曲をどんどん吐き出したくなるというか、そういう意味でシングルではなくてミニ・アルバムのサイズになりましたね。そんなに自分達の中では早いっていう感覚もないですね。

Y:自分達のツアーが終わって、今度は他のバンドのサポートで回るっていうと他のバンドはリリースしているわけじゃないですか、そういうのを見ているとリリースしたいなって思っちゃうんですよね(笑)

Y:カツカツはカツカツでしたけどね。1 曲目(「Die tomorrow」)はレコーディングの2 日前に初めて形が出来てきて前日に初めて構成が決まって、レコーディング中にギター・パートをちょっと考えてって感じで(笑)

M:逆にそれで駄目だったら出さなかったですね。いい意味でライヴでやりたい曲を直感と衝動で作るっていうか、もともとそういうのが自分達は好きなんですね。

-ツアーやイベントと精力的にライヴを行っていますが、一体いつ制作活動をしているのでしょうか?

Y:広い範囲で曲作りできる期間を決めて、その中の空いた時間に曲作りをするっていうか。

M:あんまりライヴをやりながら作るっていうのが得意じゃないですね。 なにかをやりながら一週間っていうんじゃなく・・

Y:何もなく二日間・・

M:っていう方が向いていますね。
ツアーの時はライヴに集中して、あとは遊びたいんで(笑)