MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

FEATURE

AA=×Masato(coldrain)+Koie(Crossfaith)

2016.04.10UPDATE

2016年04月号掲載

ラウド・シーンのモンスターが集結! AA=コラボ・シングル第3弾リリース!

ライター:吉羽 さおり

0.8秒と衝撃。のJ.M.(唄とラウド。)をゲスト・ヴォーカルに迎えた『→MIRAI→(ポストミライ)』、Dragon AshのKj(Vo/Gt)との『M SPECIES』に続く、AA=のコラボレーション・シングル第3弾は、coldrainのMasato(Vo)とCrossfaithのKenta Koie(Vo)という、ワールドワイドに活動するラウド・シーンの気鋭ふたりを迎えた『FREE THE MONSTER』だ。これが、自分の内に眠る力、"特別な何者か=MONSTER"を解き放てと叫ぶ、圧倒的なパワーを持った曲に仕上がっている。
 
デジタルなノイズの咆哮から、地面をひと掻きして猛然と空気を切り裂くようなドラム・ビートがスタートすると、ベースとギターによる重厚なリフが鳴り響く。瞬時にしてあたりの光景を一変させてしまう嵐のようなサウンドは、AA=の中でもかなりブルータルなハードコア・パンクだ。加えてそこに、AA=のTAKAYOSHI SHIRAKAWA(Vo)、Masato、Koieのヴォーカルが、折り重なるようにして連射され(ときに、上田剛士のヴォーカルも加わっているだろう)、容赦ない攻めっぷりである。ヴォーカルそれぞれの特性を活かして、スクリームからハイトーンまでを駆使するMasatoの声が活きるメロディ・パート、Koieのグロウルが最大限のパンチ力で響くフックのあるパート、また叫び一辺倒でないAA=のポップ・サイドたるキャッチーなグッド・メロディやコーラスも織りなされている。そんな密なアンサンブルがあるからこその、へヴィなサウンドであり曲でもある。
 
現在、coldrainもCrossfaithもヨーロッパやアメリカでヘッドライン・ツアーを行なったり、"Download Festival"など海外のロック・フェスに出演したりと、国内外問わず活動を展開しているが、上田もまたTHE MAD CAPSULE MARKETS活動時に海外でも高い評価を得て、"Ozzfest"や"Download Festival"のメイン・ステージではへヴィ・ロック/メタル・シーンの並みいる猛者としのぎを削り合った。それぞれ世代も違うし、バンド・サウンドのアプローチも少しずつ違えど、音楽とそれを発する人間のエネルギーや意志は、世界の共通言語になり得ることを体感している3人でもある。"FREE THE MONSTER"、"内なるMONSTER=力を解き放つ"ことが、自分の思う道を切り開いていくことへと繋がっていく、大事なアクションだと、クールにやかましく打ち鳴らしている。
 
『→MIRAI→(ポストミライ)』、『M SPECIES』、そして『FREE THE MONSTER』と3作ともにコラボレーション相手が違い、「→MIRAI→(ポストミライ)」以外の曲はそれぞれコラボ相手が作詞にも加わった共作の形をとっている。「→MIRAI→(ポストミライ)」は、"ポストミライ"というタイトル通りに、未来を創造すること/想像することから始まる未来を描いた。そして「M SPECIES」では、KjがTHE MAD CAPSULE MARKETSへのリスペクトを込めて、あえてMADの曲の印象深いフレーズを歌詞へと取り込んで、音楽や表現の源流、衝動や興奮が生まれた原点を綴り、その先へと繋いでいく自分の意志を歌った。「FREE THE MONSTER」は、衝動を形に変えていくアグレッシヴな力を端的なフレーズや叫びに落とし込んだ。"コラボ"という以外に、3曲の関連性や、内容の連続性ということでは、どこまで意識されていたのかはわからないが、3作でひとつのストーリーのようにして聴ける面白さもある(ちなみに、アートワークは連続性が高いものになっている)。これだけ直球な歌詞で正面突破する曲も、新たな才能との本気のマッチアップで生まれたものであり、コラボレーションの醍醐味と言える。
 
5月18日には、AA=待望のフル・アルバム『#5』がリリース予定だ。今回のコラボ3曲を含む、全12曲が収録されているという。アルバムの中で、この3曲がそれぞれどんな役割を果たしているのか、あるいはアルバム制作にどう影響したのかは、楽しみなところだ。

 

6th DIGITAL SINGLE
AA=×Masato(coldrain)+Koie(Crossfaith)
『FREE THE MONSTER』
iTunes | amazon | レコチョク | mora
NOW ON SALE!!
¥250(税込)
[SPEEDSTAR RECORDS]

  • 1