MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

WAY

locofrank

『WAY』

Release Date : 2017-06-21
Label : 773Four RECORDS
¥1,836

今年結成19年目を迎える大阪発の3人組による4thミニ・アルバム。今作は従来の切れ味鋭いメロディック・パンクを貫きながら、新たなチャレンジを盛り込んだ意欲作だ。とりわけ、「Intertwining」は後半に合唱コーラスを取り入れ、スケール感のある曲調、包容力に富んだ音色で聴き手を迎え入れるような仕上がり。また、「Odds and Ends」は過去作にもあった攻撃的なナンバーだが、ハードコアの荒々しい勢いを封じ込めた演奏がかっこよし。男臭いコーラスもハマッている。メンバーいわく、シンプルすぎて逆に新しかったという「OVERCOME」は、彼ら本来のメロディの良さが際立っている。Boz Scaggsのカバー「We are all alone」を含む全6曲。表情豊かなメロディック・パンクを見事に封印した快作だ。 荒金 良介