MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

VARIOUS

ヴィジュアル系にエクストリームなバンドが増えている背景には、ルーツからの音楽的な影響だけではなく、怒りや悲しみや息苦しさといった負の感情をそのまま音に落とし込むバンドが増えたという結果なのかもれない。DIMLIMはその両方の系譜を踏襲しているだけでなく、隅から隅まで病的なまでの殺伐としたサウンドで、Djentyな不協和音に説得力と生々しい違和感をもたらしている。デスボ、グロウル、ホイッスルなどエクストリームなヴォーカリゼーションとヴィジュアル系ならではの歌い回しが光るクリーン・パートとのコントラスト、調性を掴みづらい和音構造とそれらを先導するパワフルなリズム。クオリティの高いエッジーでテクニカルなサウンドだけでなく、全体を包む"殺気"にDIMLIMの本質が表れているのではないか。 KAORU