MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

One More Light

LINKIN PARK

『One More Light』

Release Date : 2017-05-19
Label : ワーナーミュージック・ジャパン
¥2,138

LINKIN PARKが過去の焼き直しや紋切り型の音楽を生み出すバンドではないことは往年のファンなら周知のこととはいえ、ある程度は即していたロックのフォーマットすらもほぼ一蹴したこの7作目には驚かされた。バンド・サウンドを極力控え、ヘヴィなギターもスクリームもなく、ポップ・シーンの若手のシンガーやソングライターを迎えてすらもいる。前作『The Hunting Party』に続いてMike Shinoda(Vo)とBrad Delson(Gt)によるセルフ・プロデュースだが、Rick Rubinから学んだ大観衆を魅了できるようなマジックよりも、パーソナルなアルバムを制作することで、ひとりひとりに寄り添うような距離感で我々を優しくあたたかく包み込む作品を送り出してくれた。創造性の豊かさや人柄の美しさを凝縮したような名作だ。 宮原 亜矢