MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

不倶戴天 -フグタイテン-

BRAHMAN

『不倶戴天 -フグタイテン-』

Release Date : 2017-04-12
Label : トイズファクトリー
¥1,800

深遠や哀愁も、バンドがキャリアを重ねたうえで表現できる豊かさだと思うが、BRAHMANの深化は、そのサウンドに時代がいつだとか、新しいとか古いとかのエクスキューズが一切ない、純正ハードコア・パンクとなって表れた。"是非や正邪を問わず 批評で終える下劣な人生"というラインは、現実を傍観する者への怒りが強烈且つストレート。だが、怒りだけで結末を迎えないのが、「不倶戴天」が2017年のBRAHMANの意思表明であることを示す。ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)のリリックも「不倶戴天」とシンクロするような内容の「ラストダンス」も、このシングルに収録された必然を感じる。「怒涛の彼方」の"挑戦 たかが 決心と行動"というフレーズも初期衝動的な曲調と相まってケツを叩いてくれる。 石角 友香