MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Lineage ~薔薇の末裔~

劇的という言葉が、Versaillesにはとてもよく似合う。重厚且つ流麗なヘヴィ・メタルの血を受け継いだ音楽的遺伝子と、美と愛と感動に彩られた歌詞世界。そして、極めて芸術性の高いパフォーマンス。ロック・バンドとしてのVersaillesは、それら三要素を絶妙なかたちでコンフュージョンさせることにより、国内だけでなく日本発のオリジネイターとして世界でも名を馳せてきた経緯がある。活動休止期間と復活を経ての、4年ぶりとなる今作はある意味でVersaillesの現在・過去・未来を凝縮したものだとも言えよう。結成当時から彼らの掲げてきたバンド・コンセプトが、そのままアルバム・タイトルに冠されているというその事実。これがすべてを物語っていることは、間違いない。 杉江 由紀