MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

THE END

BLUE ENCOUNT

『THE END』

Release Date : 2017-01-11
Label : KRE
¥3,600

2016年は4枚のシングルをリリース、初の日本武道館公演は即日ソールド・アウトの大盛況、TVドラマ主題歌を担当するだけではなく出演も果たすなど、ライヴ・キッズからお茶の間まで虜にしているBLUE ENCOUNTのメジャー2ndフル・アルバム。鮮烈なインパクトを残すアルバム・タイトルは"終わらせて初めて 動き出す鼓動がある"という意味を含んだもの。常に初期衝動を放出し続けているバンドだが、このアルバムは特に彼らのルーツとなる音楽の影響が如実に出ている。ヒップホップ調のアプローチも行うなど、バンドの集大成というだけではなく、各個人の音楽人生をすべて投入した作品と言ってもいいのでは。闘志を剥き出しにした暴動的なサウンドスケープで駆け抜け、キャッチーなメロディに重なる歌詞は10代のころに抱いた葛藤や希望を綴ったものも多い。彼らが塗りたくる"青"は特に10代の少年少女の背中を力強く押すだろう。すべての曲が"夢は叶う"と訴えているようだ。 沖 さやこ