MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Hands Of Gravity

the HIATUS

『Hands Of Gravity』

Release Date : 2016-07-06
Label : ユニバーサル ミュージック
¥2,592

前作『Keeper Of The Flame』から2年4ヶ月ぶりとなる5thアルバムが完成。随分と音源の間隔が空いた気がするけれど、この間に細美武士(Vo/Gt)は新たなプロジェクト MONOEYESを立ち上げ、シングルとアルバムを発表するバイタリティを発揮。そして、今作もthe HIATUSらしいミニマルな音像を張り巡らせているものの、細美の歌とメロディがまっすぐ訴えかけてくるパワーに満ちた楽曲が多い。これはいい意味で裏切られた。前作以降のMONOEYESの活動が何をもたらしたのかわからないけれど、確実に彼の中に眠る"何か"を呼び覚ましたのではないのだろうか。ライヴはデビュー時から比べものにならないほどの肉体性を獲得したが、今作は光を帯びたポップ性が楽曲を魅力的に輝かせている。 荒金 良介