MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

UNDYING

the GazettE

『UNDYING』

Release Date : 2016-04-27
Label : SMR
¥1,836

"不死"という意味が込められたニュー・シングル『UNDYING』。表題曲は、前作『DOGMA』のラスト・トラック「OMINOUS」の流れを汲んだフレーズが遠くから静かに聴こえてきたかと思ったら、突如轟音のノイズとブラストビートが襲いかかり、すかさず高速スラッシュ・メタルのギター・リフで畳み掛ける。冒頭30秒でこれだけのパンチを効かせ、緊迫感を保ちながら怒涛の展開に次ぐ展開が繰り広げられるのだが、細やかなフレーズが秀逸でダイナミックな展開ごとにどんどんボルテージが上がる。鬼気迫るスクリームに集約されているように、殺気立ち具合が半端じゃない。そしてthe GazettEならではの哀愁漂うメロディが見事に整合され、圧巻のラストへと上り詰める。悪魔的なフレーズとベース・ラインが印象的な「MALUM」、ラウド的ながらも独特なリフ、泣きのギター・ソロと儚げな歌が陶酔を誘う「VACANT」。ヘヴィ・ロック好きならばゾクゾクと血が騒ぐであろう、とんでもない化物のような作品だ。 KAORU