MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

The Astonishing

DREAM THEATER

『The Astonishing』

Release Date : 2016-01-29
Label : ワーナーミュージック・ジャパン
¥3,579

"2時間10分にも及ぶ超大作"。そんな映画のような長編を作ってしまうなんて、彼らにしか許されないだろう。プログレッシヴ・メタル・レジェンドの13作目は強烈なインパクトを残すヴォリューム満点の2枚組。随所に職人技をチラつかせつつも、あくまでストーリー性を重視した楽曲構成はいつもながら見事だ。常に過去の偉業と比較される彼らだが、Mike Portnoy(Dr)脱退以降、聴き手を突き放すような複雑さよりも、寄り添うようなコンパクトさに傾倒しているように感じられる。フル・オーケストラ仕様となった今作は、壮大な楽曲の中にテクニカルなフレーズを織り交ぜつつも、ストーリーを情感豊かに歌い上げるあたたかさも滲ませており、音楽への情熱が節々まで迸る充実の1枚に仕上がった。 今谷 重治