MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Butterfly

昨年、メジャー・デビューを果たした札幌発の4人組からニュー・シングルが到着。今作はTOWER RECORDS限定というフォーマットになるが、前作『NEO』からさらにスケールアップした音像を封じ込めることに成功している。大型フェスにも数多く出演した経験が大きく反映されているに違いない。表題曲はハンドクラップ音などライヴを意識した側面はあるものの、境界線なき雄大な歌とメロディの跳躍ぶりにうっとり聴き入ってしまう強力なナンバーだ。そして、カップリングの「Point of Origin」はラップ調のヴォーカルや重厚なコーラス・ワークをアクセントに、これまたイマジネーションを刺激する躍動感みなぎるサウンドで聴く者を魅了する。ラスト曲「NEO Remix」は原曲をいい意味で裏切るアレンジがかっこいい。 荒金 良介