MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

The Beginning

ONE OK ROCK

『The Beginning』

Release Date : 2012-08-22
Label : A-Sketch
¥1,296

結論から言うと、掛け値なしに素晴らしいニュー・シングルだ。多くの人に聴いてほしいし、また、多くの人に突き刺さる音源と言えるだろう。全3曲ともに鍵盤とストリングスが挿入されているからもわかる通り、前作『残響リファレンス』を経て、新しい地平に踏み込んだことを知らせる音楽性になっている。バックの演奏は極力シンプルに、心の井戸の奥深くから汲み上げたTakaの抑揚のあるヴォーカルは、ジャンルの狭い仕切りを越境した魅力を放っている。映画『るろうに剣心』(主題歌)のタイアップを得た表題曲を筆頭に、これまで前に出ていなかったワンオクの本質や核心に素手で触れたような生々しい感触を覚える。アコギを用いたカントリー調のTrack.3「Notes'n'Words」は、まさにそんな曲調だ。 荒金 良介