MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Selfish Machines

PIERCE THE VEIL

『Selfish Machines』

Release Date : 2010-08-04
Label : TRIPLE VISION entertainment
¥2,160

2007年リリースの前作『Flair for the Dramatic』がマニアの間で話題となったカリフォルニア出身の4人組PIERCE THE VEILのセカンド・アルバムが、スゴい!プログレッシヴ且つリズミックな楽器隊が織り成すバック・サウンドに、とことんキャッチーなハイトーンのメロディが掛け合わされ、まるで映画を見ているかのような、ノスタルジックなスクリーモ・ワールドを展開している。前作と比較しても難解さを全く感じさせないし、楽曲そのものが垢抜け、スタミナもぐんとアップしていて優秀だ。Craig が脱退しCHIODOSの行く末が見えなくなった今、PIERCE THE VEILがこのシーンの救世主となるハズ。A DAY TO REMEMBERのJeremy McKinnon がゲスト参加! MAY-E